フリーローン限度額はどう?

フリーローンの限度額は、銀行系の無担保ローンの場合は300万~1000万円程度、消費者金融の場合は200万~300万円程度のことが多いです。
また、銀行系のフリーローンは、その銀行に預貯金があったり、住宅ローンを利用していたりすると、より有利な条件(限度額の拡大、金利の引下げなど)を受けられることもあります。
限度額の大きなフリーローンは、債務の一本化をするために借り入れる人もいます。
借入の元本部分を減らしてくれることは、滅多にないでしょうが、利息を下げてもらえたり、借入の限度額を拡大してもらえることもあります。
限度額を拡大してもらえて、余裕ができた場合には、他の債務を余裕部分に借り換えるという方法で、債務の整理をすることも、できるかもしれないのです。
ただ、限度額に余裕がある場合でも、目的別ローンが利用できるなら、そのほうが有利な金利の適用を受けられる場合もありますので「面倒だから、なんとなくフリーローンを利用してしまう」ということだけはないようにしましょう。
便利だからとフリーローンに頼り過ぎないことが大事なのです。
借金の総量規制が始まっていますので、収入の状況によっては限度額が下がるという人もいるでしょう。
ただ、総量規制は「単なる締め付け」ではなく、多重債務者になる人を、できるだけ少なくしようというものです。
ローン一本化デメリット?おまとめ審査厳しい?【返済期間伸びる?】