クレジットカードの仕組み

クレジットカード決済は便利な仕組みです。
クレジットカードは現金を持ち歩く必要がないのでとても便利なサービスです。
クレジットカードを一枚所持していれば、日頃の購買行動だけでなく不測の大きな買い物まで、多くの場面で役に立ちます。
支払いも利用しているクレジットカード会社ごとに、毎月の決済日が決まっています。
カード作成時点で決めてある支払い口座に、期日までに利用料金を入れていれば、現時点でお金がなくてもクレジットカードでの支払いができます。
給料日前は銀行口座に預金がなく、手持ちの現金も少ないことがよくあります。
クレジットカードさえあれば、商品を購入することが可能です。
クレジットカードは、それぞれ決済日と締め日が決まっています。
クレジットカードの日程がわかっていれば、決済日を翌月にすることもできるでしょう。
クレジットカードの決済日には1ヶ月分の利用金額がまとめて銀行口座から引き落としされます。
前日までに確実に指定口座にお金を入れておくことが絶対条件になります。
残高不足でクレジットカード決済不能になっていた場合、延滞金が生じることもあります。
最悪クレジットカードが利用できなくなるのでくれぐれも気をつけましょう。
クレジット会社によっては分割払いやリボ払いもできるので、自分に合った決済方法を選択することもできます。