デイトレードってどんな取引の仕方?

投資を始めようと、色々と調べはじめると、よく目につくのはデイトレードという言葉です。

また、FXや株の達人たちのイメージがありますね。
デイトレードとは、デイが1日だとすると、1日で取引が完結するトレード、といえるでしょう。
株、為替、さまざまな先物、指数などを、1日に1回以上、複数回の取引をする事です。
大昔のインターネットのない時代の株式市場や、米相場の際には、日計り取引などとも呼ばれていたようです。
何をトレードするにしても、1日のうちに取引が完結してしまうため、翌日持ち越しがない、損失の確定も速いので、大きく負けないなどの利点があります。
上手なら高速で資産を増やす事も出来ます。
しかし、逆に投機性が高いのが問題点で、熱くなっていっきに損失を膨らませてしまう人も居ます。
もっと短い時間でトレードをする、スキャルピングとは別として語られる事が多いようです。