ソーラーパネルは、発展途上の技術でもあります!

ソーラーシステムが日本で普及するようになったのは、比較的近年のことでもあります。この技術は、特にオイルショックがあった1970年代に知名度は上がりました。しかし、その頃はまだ普及しているというには、ほど遠い状態でしたね。(汗)そのことで徐々に技術も発展していきます。そして、現代に到ったと言うことですね。(笑顔)ただ、現代におけるソーラーシステム、またはソーラーパネルが太陽光発電の完成形かと言うと、決してそうではないようです。(汗)

この分野は、まだまだ発展途上の段階と言えるからです。しかし、実際には大きなメリットと言えます。(笑顔)(笑顔)言い換えると、つまり更に技術が発展して、コスト面でも合理性の面でも、応用性の面においても向上する可能性があると言えます。実際、現在のソーラーパネルは、まだまだ実用性という意味では乏しいとも言えます。それが実状でもあります。

これは、ようするに、太陽熱発電だけの電気で全ての機関、施設の電力を賄うことは難しいと言うことでもあります。(汗)発展途上と言うことは、これらの問題点が、今後の技術の発展で解決する可能性が高いと言うことでもあります。そのような意味を持っています。各メーカー、そして政府機関もこの技術の発展を目指しています。それは間違いありませんね。(笑顔)