フラット35Sの借り換えはできる?

フラット35Sとは、最長35年の長期固定金利住宅ローンであるフラット35を申込んだ利用者が、省エネルギー性や耐震性に優れた住宅を取得する場合に、フラット35の借り入れ金利が一定期間引き下げられる制度となっています。
この制度には金利Aプランと金利Bプランがあり、金利Aプランはフラット35の借り入れ金利より当初10年間が0.
3%の引き下げとなり、金利Bプランはフラット35の借り入れ金利より当初5年間が0.
3%の引き下げとなる設定になっています。
また、このフラット35Sを申込む為には、フラット35の技術基準を満たしている事に加えて、以下の技術基準を満たす必要があります。
1、「エネルギー使用の合理化に関する法律」に基づく「住宅事業建設主の判断の基準」に適合する住宅(一戸建てに限る)2、認定低炭素住宅3、長期優良住宅4、耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅5、高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)更に、このフラット35Sには予算金額があるので、早めの申し込みを行う事をお勧めします。