フラット35審査に受かるには?

フラット35の審査は、あいおいニッセイ同和損保の場合、どうなっているのでしょう。
フラット35は住宅金融支援機構とあいおいニッセイ同和損保が提携して運営されていますから、年収や雇用状況に対しての基準は比較的緩やかなものになっています。
提携取り次ぎからの申し込みを受けていますから、保険関係の取次先からフラット35の申し込みが出来ます。
銀行提携の場合ですと、返済に使う口座を解説しなければいけないこともありますが、こうした損保やSBIモーゲージでは、口座開設の必要がなく、現在利用している口座を利用することが出来ます。
いずれにせよ、フラット35は住宅購入希望者が利用しやすく、審査の基準も緩やかに出来ていますから、低金利の今、検討して見たいですね。